奇跡の水とは?

健康育成型のリフォーム工事をご提案する中で、、
きれいな空気の大切さはこれまで何度か、、ブログにかいてきました。

今回は先日、、ある電解水素水生成器のメーカーさんとお会いしまた、、
そして、、「水」のことでなるほどと思ったことを少し書いてみたいとおもいます。

ヒトにとって必要な栄養素は一番目は空気(酸素)そして二番目に・・・水

画像


1.水を飲めば病気が治癒するとしんじられてきた奇跡の水とは・・・・
  
  フランス「ルルドの泉」 パキスタン「フンザの水」 メキシコ「トラコテの水」 大分県「日田市の天領水」
 
  なぜ病気がなおるのか分析が進みこれらのすべての水には濃度は薄いが水素ガスが
  含まれていることがか科学的に検証されました。
  では?なぜ水素の含まれた水がいいのでしょうか?

2.悪玉の活性酸素をやっつける!

  呼吸して空気から酸素を体内にとりいれてますが、、酸素はデリケートなものでちょっとしたことで
  体内で活性酸素になってしまう
  
  活性酸素のうち善玉と呼ばれる活性酸素は体内で細菌やウイルスを殺すときにやくだつのですが、
 
  悪玉の活性酸素は酸化力が強く細胞や遺伝子を傷つけてしまう厄介なものです。
  
  この悪玉活性化酸素(とくにヒドロキシルラジカル)をやっつけてくれのが水素水ということがわかってきました。
     
     註)論文誌「ネイチャーメディスン」に水素水が無害化することができるということを発表されています。


  結論は水素水を飲むことで悪玉活性酸素が引き起こす疾患を予防できるということで期待できそうです。
  最近ではアルミ缶に入ったお茶にもこの水素水が使われているようになってきています。



  参考)活性酸素が引き起こす疾患とは

  脳神経疾患・・・パーキンソン病、アルツハイマー、萎縮性側索硬化症etc
  眼疾患・・・・・・・白内障、網膜鉄錆証etc
  呼吸器疾患・・・喫煙による気道障害、閉塞性肺疾患、成人呼吸窮迫症候群
  循環器疾患・・・高血圧症、狭心症、心筋梗塞、虚血性不整脈
  消化器疾患・・・胃、腸、肝臓、胆嚢等の臓器の炎症
  腎疾患・・・・・・糸球体腎炎、糖尿病性腎炎、腎不全、尿毒素
  その他・・・・・・糖尿病、アレルギー、慢性関節リュウマチetc

画像


  いろいろ調べモノをしたあとの私的な感想は?
   
   ・・・ということでこのような疾患から体をまもるためにも水素水が有効とのことです、、、良いということは納得。
   
   何気なく飲んでいいる水・・やはりこれも健康上の重要な
   ファクターであることはやはりまちがいないようです。
 
   そして奇跡の水を人工的に作るというメーカーさんの研究開発も感心いたしますね
   ちなみに電解水素水はアルカリイオン水と水素水のハイブリッド的な位置づけです。
   勉強になりました。

   しかし、、地球には難病を治す奇跡の水が存在するなんて  (((o(*゚▽゚*)o)))  驚きますね~~
   
   そして温故知新、、世界にはまだまだ不思議な力をもっている優れものがあると思います。
   

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック