きれいな空気の空間をもとめて

アクセスカウンタ

zoom RSS 狭小住宅の建築-8. 基礎コンクリート工事・スラブ部分の打設

<<   作成日時 : 2016/12/26 17:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

配筋作業から5日後、基礎コンクリート工事をはじめます。
まずはベタ基礎のスラブ(ベース)部分の型枠を設置します
画像


画像


型枠を捨てコンクリートに位置決めした基準の墨(ライン)にあわせて
外周四面に組込んでいきます

画像


この型枠で鉄筋をつつむコンクリートの厚み(かぶりの厚さ)も決定されます
地面に接する部分と地面に接しない部分とではその厚みが当然違います。
スラブ厚が150ミリ スラブ筋の下側は地面に接するので60ミリ以上の隙間を確保
外周部分は40ミリ以上としています
画像

型枠がコンクリートの圧力で緩まないように斜めにもしっかりと支持パイプで支えます
画像


1台目は8トンの生コン車両、が到着、、いよいよスラブにコンクリートを打設していきます
画像


画像


画像


均一にコンクリートを流し込み全体がしまるように抑えます
画像


画像


そのあと木鏝で表面を均一にしていきます。
当然この作業のよしあしでコンクリートの表面が平滑になるかどうか決まってしまいます。

画像

2台目は4トンの生コン車両です
画像


コンクリートを流し込みながら振動棒でスラブ筋のしたの細部までコンクリートがいきわたる様にします
画像


画像

基礎のスラブ部分のコンクリート打設が完了です。
画像


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ
にほんブログ村
木づかい運動に参加しています
狭小住宅の建築-8. 基礎コンクリート工事・スラブ部分の打設 きれいな空気の空間をもとめて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる